■ Piazza Nao 壁画制作 ■



2022年4月25日
グランドオープン!

ピアッツア・ナオ
ららぽーと福岡

2022wall_art01.jpg

2022wall_art01.jpg
ガンダムもお出迎えしてます!


2022wall_art04.jpg
ららぽーと福岡の3階にあります
イタリアレストラン
「Piazza Nao」
で壁画を制作してきました。


■店舗情報■

イタリアレストラン
「Piazza Nao」
11:00〜22:00

ららぽーと福岡3階
GRAND DAINING
フードコート&レストラン
〒812-8627
福岡県福岡市博多区那珂6丁目23−1



2022wall_art03.jpg
ヘルメットをかぶって
いざ!出陣!!(笑)

2022wall_art05.jpg
はじめての現場では
基礎設備工事の真っ只中



壁画を描く壁面を計って
イメージを膨らませていきます
壁面の広さに圧倒されました。。
この広さを完成できるんだろうかと(苦笑)



アトリエに帰ってきて
気合いを入れるために
ヘルメットにステッカーを貼りました
正面には「GRAZIE」
イタリア語で「ありがとう」の意味


それから
ヘルメットの背面には
「COME STA?」
イタリア語で「ごきげんいかが?」(笑)


再び現場へ
今回から「気合いヘルメット」をかぶって
いざ!出陣!!(笑)


最初の壁面は
右奥にある個室空間からスタート
大きさのイメージを養生テープで
描く範囲は天井から2メートル
床から天井まで3.5メートルあります


二つの大きな窓枠を描いていきます
窓枠の高さは1.6メートルあります
上に登っての作業でしたので
日頃の運動不足が。。(苦笑)
特に脚が疲れてしまい内ももが筋肉痛に(笑)


メインのピザ釜も
だんだんとできていきます


そしてメインの
ガンダムもだんだんとできていきます


奥の壁にもう一つ窓枠を描いて
それから扉を描いていきます


スケッチブックに
窓枠のイメージを描いて考えています
お客様からどのような角度で見られるかを


そのころ
店舗の正面ではクロス張りの準備と
ピザ釜の仕上げをされていました


次に
窓枠の中にテラコッタのイメージで
星、太陽、月をレリーフのように
描いていきます


窓枠の外の風景も同時に描いていきます
左から朝、昼、夜のイメージで


中央の昼、右の夜のイメージができてきました
左の朝のイメージがすっきりしなくて

現場の他のスタッフに
「朝といえば?」と質問をして
あるスタッフAさんは
「朝は忙しい」と「忙しい」をどう絵画で
表現すれば良いのかなあ?(笑)

またスタッフBさんは
「モーニングコーヒー」と
たしかに
朝のコーヒーはすっきりしていいですもんね

そしたらスタッフAさんが
「ニワトリ」と
「なるほど、それ採用!」(笑)

ということで
こんな感じに


朝日を浴びる丘にある教会のイメージで
風見鶏がちゃんと口を開けて
「コケー!」って鳴いてます
(笑)


つぎに
昼の窓と、夜の窓のあいだに
棚を描こうと。。

ワインとバラの密接な関係を

ワインの原料であるブドウ
そのブドウ畑には手前に
バラを植えているそうです
なぜかというと
疫病がブドウに侵される前に
バラのほうが敏感に反応するそうで
ブドウが疫病にやられる前に
早くわかるようにバラを植えているそう
ということで


ワインとバラの密接な関係


個室部分の壁面が完成
朝も昼も夜も楽しく美味しく
お食事がいただけますようにと
願いを込めて


外観も綺麗になってきました
通路から見えるピザ釜もとても美しいです


つぎは左の壁に描いていきます
入り口から入るといちばん奥の壁です
最初の設計図のイメージでは
広場の建物を描こうと予定してましたが
実際に現場を見たら、
やはり遠くの風景が似合うなあと


ということで
ベネチアの有名なサンマルコ広場から眺める
海のイメージを描くことに
手前には樹木を構図的に描きました


海の向こうに
わたしも大好きな教会を描いていきます


「サン・ジョルジョ・マジョーレ教会」
サンマルコ広場から眺めると
とっても美しいです


そして、手前には
ゴンドラと螺旋のポールを描いていきます


店舗があるのは3階です
飲食店が多く集まる
「GRAND DAINING」には
様々に美味しそうなお店が並んでいます


樹木には、レモンを実らせました
黄色い色彩があると
なんだかほっとして落ち着きます


設計の方が撮ってくれてました
レモンを一生懸命に描く勇士の
後ろ姿をご覧ください(笑)


空には「カモメ」を描きました
海を眺める清々しい空気感を
感じていただければ嬉しいです


おつぎは
今回最大の面積を誇る7メートル
オーナーシェフからのリクエストもあり
店舗名である「Piazza」は「広場」という意味
「イタリアで広場といえば、サンマルコ広場、
なのでサンマルコを描いて〜」
というシェフからの無茶ぶりで(笑)
サンマルコ寺院を描いていきます〜


壁面の天井近くまで
構図をとっていきました
常に脚立に上がっての作業でしたので
足腰が鍛えられました(笑)


だんだんと細かく描いていきます
先がまったく見えない状態です(笑)


中央のテーブル席には
綺麗な装飾がコーディネートされてきました
前のお客様の視線が気にならない感じに


ここで奥の天井を作業されるということで
左手前の壁面を先に描くことに
この壁面のイメージは「空」



テーブルと椅子が配置されて
綺麗なお店になってきました



白色のみで
気球や鐘楼、イタリアの旗を描いていきます


帰り際のガンダムを見たら
ライトアップしていました


イタリアは20の州があるということで
20の気球を描きました


そして中央には鐘楼をそびえるように


右側にはイタリアの旗を



つぎに
正面の柱に描いていきます


目立つようにとロゴを


ロゴのまわりにはリボンを装飾して


柱の右側にもリボンを伸ばしていきます


柱の左側にもリボンを伸ばしていきます


裏側にもリボンを伸ばしました


リボンの下には
イタリアの地図を描いていきます


遠くからでも、だんだんと目立つように


それから赤いトマトを20個と
バジルをちらしてみました


左の柱にも


右の柱には
トマトとバジルを上のほうに

この壁の材質は
チョークで描ける仕様ですので
チョークで文字やメニューを

「BENVENUTO」は
「ようこそ」の意味です



さあ、途中だったメインの壁面(笑)
再びサンマルコ寺院に着手していきます



その前に(笑)
灯篭をまわりに描きました



気を取り直して(笑)
サンマルコ寺院に着手します


白色でだんだんと形を描いていきます


上のほうには
サンマルコさんと天使さん、獅子さんを
ゴールド色のアクリルガッシュで描きました


右側の海との構図を一体化させるために
海の部分を延長していきます


この日の制作はここで終了
空のイメージ壁画に
上からの照明がつきました
上から太陽の陽射しが
注がれるような感じに


さあ、サンマルコ寺院もいよいよ終盤に


白色でさらに形を描いていきます


壁画の中に壁画を描いていきます(笑)


作家個人的には
白色だけでの世界もいいなあ
このまま終わりにしちゃおうかなあって
一瞬は思いました(笑)



しかし
各部分に色合いを施しました(笑)


人物の周り、実物は金箔で施してありますが
今回は黄色で輝いている感じに


中央の大きなテーブルからは
このような感じに


広場の入り口から見上げると
圧巻な風景です(笑)



それから右側に
シェフからのリクエストもあり
ヴェネチアでも有名な
五つ星ホテル「ダニエリ」を描きました

シェフがスイス、イタリア大使館で
総料理長をされていた時に
ヴェネチアでサミットが行われた際
英国サッチャー首相など各国元首の方々へ
このホテル ダニエリで朝食をつくられたそう

そんな思い出のあるホテルを描いて
シェフも大変満足(笑)

ホテル屋上には海が見渡せる
テラスがあるそうですが
角度の関係上で描くのを
割愛させていただきました(笑)

実際のホテルがある場所は
サンマルコ寺院から
海沿い東に行くとあります



そして、左側には
ヴェネチアの街並みを描いていきます



各お店をいろいろと描きました
お菓子屋さん、カフェ、パン屋さんなどなど
作者からのメッセージも(笑)
探してみてくださいね



非常口のドアにも
ちょっとした窓を描きました
非常口なので
お客様は普段出入りできません(笑)


ベネチアの海の風景とこんな感じに



メインのサンマルコ寺院とまわり全体が完成!!

そうそう!
壁画のどこかに
「ピノキオ」を描きました。
見つけた方には
シェフからドリンクを一杯サービスだとか(笑)

最後までご高覧いただき
誠にありがとうございます!

あなたもぜひ!
美味しいイタリア料理とともに
実物をみていただければ嬉しいです

ご来店をどうぞよろしくお願い申し上げます!




【料理を美味しく】
Piazza Naoの攻略法(笑)


ランチ(Pranzo)11:00〜15:00
いろいろとあります


イタリアのビール「MESSINA」もおすすめ
軽やかな味わいでイタリアを感じます w
ランチのサラダとともに


釜焼きピッツアは最高!
生地がそんなに厚くはないので
軽やかにいただけます
ハーフ&ハーフもできます
壁画とともにぜひ!


中央の大きなテーブルは
福岡県産イチョウの木を使用しています
この空間から眺める壁画も
作家個人的にも好きです


具だくさんの「Pizza Nao」は
お口の中も幸せいっぱいになります w


入り口のカウンターでは
本場イタリアのBARと同じく
立ち飲みができて
しかも安くお得に飲めますよ!

「ちょっとだけ飲みたいなあ」
というときはぜひカウンターで!


店長さんとメイン柱の前で


基本の「Pizza マルゲリータ」は
とろっとろのチーズとともに
お口の中も満足いっぱいになります


「前菜の盛り合わせ」
いろいろな味わいが楽しめて
ビールやワインとも最高です


こちらは「Pizza オーソレミーヨ」
中心のタマゴを混ぜ合わせていくと
まろやかな味わいになって
とまらなくなります w


「ハムの盛り合わせ」
いろいろな味わいが楽しめて
ビールやワインとも最高です


「オムレツ」
お口に含むと、中がふわっふわで
感動します!


「ティラミス」
濃厚なチョコソースとともに
エスプレッソとも最高に合います!

あなたもぜひ!
美味しいイタリア料理とともに
実物をみていただければ嬉しいです

ご来店をどうぞよろしくお願い申し上げます!



TOP PAGEへ戻ります