IDOU-MUSEUM
by
NOOGATA TANIO ART MUSEUM
&
KENICHI HIGANO




2006年11月21日と24日に
福岡県直方谷尾美術館企画主宰による「移動美術館」に参加させて頂きました。

この「移動美術館」とは、
直方谷尾美術館に歩いては行くことが出来ない少々遠方にある小学校や中学校の生徒さんを対象に、
本物の作品を観て頂こうと、美術館側が作品と作家を直接学校に出向きますという企画です。

今回は応募による学校の募集で、
11月21日が「直方市立上頓野(かみとんの)小学校」へ、小学5年生65名を対象に、
そして11月24日が「直方市立新入(しんにゅう)小学校」へ、小学3年4年生120名を対象に、
作品とともに訪問させて頂きました。

日賀野兼一が1994年に谷尾美術館大賞展で大賞を受賞した作品「ある光景-コロッセオ」100号や、
近作の50号2点などを小学校に持ち込んで、日賀野兼一が制作当時どのような想いで作品を描いたのかや、
作品に込められたメッセージなどを直接お話させていただきました。

生徒さんたちは、実に静かにしっかりと作品を観て、お話を聞いて下さいました。
日賀野兼一自身が思ってもみないことの見方や感じ方の意見が出たりと、作家自身が感心するやら驚くやら、
感受性豊かな子供たちとのふれあいで、貴重な時間を頂き大変幸せでした。

授業修了後は、実に日賀野が中学生以来22年ぶりの「給食」を食べさせて頂きました。
現在の給食は、とっても美味しくて、アルミの御飯茶碗など懐かしくもありで、
こちらも感動ものの体験をさせて頂き、心身ともに充実の『移動美術館』でした。

この企画主宰をして下さった直方谷尾美術館スタッフの方々をはじめ、
直方市立上頓野小学校の先生方、直方市立新入小学校の先生方、
そして作品を観て聞いて下さった生徒さんたちに、深く深く感謝申し上げます。

ありがとうございます。


直方市上頓野小学校、授業風景


直方市新入小学校、授業風景



Copyright (C) 2006 Atelier Renaissance & Kenichi Higano All Rights Resarved